大宮歯科衛生士専門学校

大宮歯科衛生士専門学校

教育内容 教育内容

HOME>教育内容>歯科衛生士とは?

歯科衛生士とは

歯科保健活動の重要な役割

私たちが生活をするうえで「食事をすること」、「会話をすること」どちらか一方でもうまく行えなくなってしまったら生活に大きな支障が生じてしまうことでしょう。
その両方を支えているのは「健康な歯」といっても過言ではありません。そんな大切な歯とお口の健康を守っていくために歯科医師と共に口腔の健康を支えていきます。歯科衛生士は、さまざまなアプローチにより人々の歯や口を健康に保つためのサポートをする重要な仕事です。

専門技術を身に着けた国家資格取得者

専門教育課程を修了し、歯科衛生士国家試験の合格者が歯科衛生士です。専門知識と資格・免許を持つと言う事は財産です。歯科衛生士という国家資格を取得すれば、結婚・出産で一旦職を離れても再就職のときの大きな力となります。歯科衛生士は歯科医療の場ではなくてはならない存在で、高齢化を迎える今後の社会での需要は確実に拡大し、歯科衛生士の活躍の場が増えていくことでしょう。

歯科衛生士の3つの仕事

歯科衛生士の仕事は主に「歯科予防処置」、「歯科診療補助」、「歯科保健指導」といった3つの役割があります。

歯科予防処置
むし歯や歯周病にならないように、歯垢や歯石を取り除いたり、薬を塗布します
歯科診療補助
歯科医師の指示のもとに、歯科診療をスムーズに運ぶように補助をします
歯科保健指導
歯科保健に必要な歯磨き指導や食生活指導、健康な歯と体をつくるための様々な活動、歯科保健事業に関する色々な仕事が求められています

歯科衛生士になるには

資格や経験がなくてもなれる歯科助手とは違い、歯科衛生士は国家資格を取得することが義務付けられています。高校卒業後3〜4年制の歯科衛生士養成機関を修了すると、国家試験の受験資格が与えられます。この国家試験に合格すると、歯科衛生士の資格を取得することができます。

歯科衛生士養成学校の受験資格

高等学校を卒業した者 、通常の課程による12年の学校教育を修了した者、
高等学校を卒業した者と同等以上と認められる者
以上が歯科衛生士養成学校の受験資格です。

教育内容